#社畜丼の本棚

Revision for “#社畜丼の本棚” created on 2018年1月14日 22:23:45

タイトル
#社畜丼の本棚
内容
<h2>概要</h2> 社畜たちのオススメ本たち。純文学から技術書までなんでもござれ。 <h2>本棚</h2> <a name="ピクリン酸のオススメ"></a> <h3>ピクリン酸のオススメ</h3> <h4>ミステリ以外のオススメ小説</h4> ピクリン酸はミステリオタク(自称)ですが、ここではあえてミステリ以外で面白かった本を紹介するよ。 <ul> <li>四季 春(森博嗣) <ul><li>森博嗣は言わずと知れた「すべてがFになる」の人。その森博嗣作品に度々登場する真賀田四季というキャラクターを掘り下げていくシリーズの一作目がこの「四季 春」なのだ。真賀田四季こそ理想的なエンジニアであり、取ってつけたようなキャラクターではない、彼女という天才を書いているのがこの作品の見どころ。</li></ul> </li> <li>女生徒(太宰治) <ul><li>ピクリン酸が柄にもなく純文学を読んでみたら面白かったやつ。個人的な感想(と断りを入れないと純文学読みに殴られかねない)では、太宰治って読みやすいなと思いました。単純な日常で特に劇的な何かはないんだけど、ページをめくらせる力があって、読後には登場人物をとても愛おしく思わせる作品。</li></ul> </li> <li>街道をゆく シリーズ(司馬遼太郎) <ul><li>中学生のとき司馬遼太郎にハマっていたピクリン酸が、最終的に落ち着いたのがこの「街道をゆく」シリーズで、楽しくエッセイを読んでたら教養が身についてしまう魔法の書。知識欲が満たされること間違いなし。</li></ul> </li> <li>羆嵐(吉村昭) <ul><li>羆! 熊ではない、羆である! チンケなゆるキャラとは似ても似つかない、暴力の塊である! 自然とは本来こういうものだということがよくわかる書である。前半の羆の脅威もさることながら、後半の、羆撃ちの哀愁がなんとも良い。</li></ul> </li> </ul>
抜粋
Markdown コンテンツ


OldNew作成日著者アクション
2018年1月14日 22:23:45picric_acid
2018年1月14日 22:23:25 [自動保存]picric_acid
2018年1月14日 21:45:17picric_acid
Sidebar